2008年12月22日

記憶力

もうすぐクリスマスですね。
僕は今年のクリスマスは見事に仕事です。
といっても過ごす相手もいませんが・・・(苦笑)
皆さんも寂しくなったら秘書ツブで温まっていかれたらいかがでしょうか?

今日はオヤジの特技を紹介します。
オヤジはしょっちゅう電話で話している。
しかも殆んどの人の電話番号を記憶している。
このご時世、携帯のメモリーを使う人が多い中、オヤジは自分の記憶を頼りに日々電話をかけまくっている。
電話帳登録が出来ないのでは?という人もいるが、とにかくオヤジの暗記力にはビックリさせられる。
ついこの前も記者懇談の際、その話題になり見事参加者全員の番号を当てて見せていたほどだ。

この前もいつものように携帯をかけていた。
しかし、なかなか繋がらない様子で、どうしたのかなぁ?と思いつつ車のハンドルを握っていると、なにやら『えぇ〜ぃ、くそ!!!』とオヤジの声が・・・。

きっ、キレている!!!!!

博多の人間はイライラしだすと大半の人が『えぇ〜ぃ、くそ!!!』と声を出す。
本気で怒っているのではないが、ちょっと忙しい時などについつい口にでる言葉だ。

業を煮やしたオヤジは僕に、
オヤジ『衆議院の代表電話はもう無くなったかね?』
ブロッケン『いや、公的な電話なんで無くなるはずはないと思いますが・・・。』
オヤジ『番号は35××−××××やったよな?』
ブロッケン『はい。その通りっす!!!』
オヤジ『おかしいな〜。』
ブロッケン『掛からないんですか?』
オヤジ『何回やっても掛からんのや!!!』
ブロッケン『そんなはずはないんですが・・・』
オヤジと僕の激しい応酬が繰り広げられる中、突然、

『掛かった!!!!!!』

オヤジが叫んだ。
物凄い大声だった。
車のハンドルを握る僕は思わずドキッとした。
多分、車は怪しい動きをした。
いや絶対に怪しかった!

無事に電話を終えたオヤジはこの期に及んでも『何でさっきは掛からんやったんかな?』と言う。
僕は『いや、押し間違いじゃないっすか?』とダメを押した。

『・・・』

おやじはその後無言になった・・・。

何事にも真剣に取り組み、選挙やソフトボール同様の負けず嫌いなオヤジの一面に触れた、とある夕暮れ時の一幕でした。
(ブロッケンjr.)
posted by ひしょ at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。