2007年12月18日

はじめまして

「つぶやき」初参戦の“いいわけ太郎”です。
名前の由来はいつも言い訳ばっかりしてるからです。
社会人として最低ですね。すいません。いろんな意味で。

さて、とある日。たまたまおいらがおやじの運転役になってしまいました。
しかし、運転が大の苦手なおいらのこと。もうその日が始まる前からガクガクブルブルですよ。
夜に一つ目の会合をこなして、二つ目の会合場所に向かって車を進めることになりました。
しかし道がまったくわからないおいら・・・。
ナビに頼り切っていたものの、曲がるべきところを曲がり損ねた途端、ありえないような迂回コースで元の道に戻そうとするナビ・・・。
でも、ナビ以外に頼るべきものもないおいらがナビ通りに進んでいると、後ろから・・・。

おやじ「ん???どこ走っとるんや???」

おやじはそれまで新聞を熱心に読んでいたお陰で、全くと言っていいほどおいらの行く先を見てなかったんです。

「さ、さあ、どこでしょう」
と、意味不明な返答をするおいら。

おやじ「ナビはもう良いから、俺が指示する通りに進めばいい」

そう言うとおもむろに指示を出し始めた。
ところがその指示が「右・・・じゃなくて左だな」といった感じで、運転が苦手なおいらはもうパニック状態・・・。

おまけに
「あれ、俺までわからんようになってきたぞ。フフフ」
いやいや、フフフじゃないですよ。

その後、なんとか目的地にたどり着くも、もう会合が終了間際で、しかも次の三つ目の会合が始まる時間に・・・。
「悪いけど、先に始めておいてください」
三つ目の会合メンバーに電話をかけ、二つ目の会合に入っていくおやじ。
ところが、すぐに出てくるはずなのに30分経っても出てこない・・・。
ますます遅刻です。
そしてようやくおやじが車に乗り込んで三つ目の目的地に。

おやじ「ああ、そうだ。いいわけ太郎、まだメシ食っとらんやろ。次の会合にお前もでたらいい」

やたらにスタッフの食事の心配をしてくれるのはおやじの大きな特徴です。
メシどころじゃないくらい凹んでいたおいらですが、おやじと共にその会合へ。

おやじ「いやいや、遅れて悪かったね。いつも俺が前の予定を長引かせて遅れてくるもんやから、今回もみんなそう思っとるやろうけど、今日は違うぞ」

あぁ、申し訳ないなぁ。そう思ってると・・・。

おやじ「彼はたまたま今日運転することになってなぁ。まあ運転が苦手とは聞いておったが、目黒に行けと言ったら目白に行く男なんですよ。変わった男ですよ。フフフ」

えっと・・・、笑いのネタにされてしまいました(泣)

どうやらこのフレーズ、相当お気に入りみたいで、その後も道を間違えそうになると「そういえば、いいわけ太郎は目黒に行けと言ったら目白に行く男だからなぁ」とイヤミ(?)を言われます。

でも、2人で宿舎に戻るときに
「今日は大変失礼しました」
と謝ると・・・
おやじ「いやいや、気にするな。遅れたお陰で▲▲(二つ目の会合)でなかなか会ってもゆっくり話せない人とゆっくり話すこともできたし。本当に気にしなくていい」

「あ、それから、これ」
といって手に持っていたお土産をおいらにくれたんです。

「若いものはしっかり食わんとな。今日はありがとう」

おいらの失敗を笑いのネタにはすれど、決して怒らないおやじは、そう言い残して宿舎に消えて行ったのでした。
posted by ひしょ at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月17日

時間がないのに。。。

遂に寒い寒い冬が到来しました。
どうも、ブロッケンJr.です。
寒い冬にはおやじです。
温かいおやじの姿を見て、心も体も温かくなっちゃって下さい!!!

おやじは車の乗り降りの時、必ず僕に声をかける。
『おはよう』『すまん』『悪かった』『行ってきます』『ただいま』など、ことあるごとに声をかける。

ある日、おやじが愛する地元福岡に帰るため羽田空港に送った時のこと。
その日、東京での日程がびっしり詰まっていて、それをやっとこなし終え、慌てて羽田空港に向かった。
普段はあんまり混んでない道だが、その時に限って混んでいて飛行機に乗り遅れそうな雰囲気が車内に漂っていた。
おやじも、『こりゃいかんな。もう俺の人生も終わりや!』と何でそこまで大げさになるのか分からない発言を繰り返しつつ、何とか時間ギリギリで空港へ到着。
慌てて車を飛び降り、おやじが空港内へ入っていくのを見届けてホッと胸を撫で下ろした瞬間、もう乗る人もいないはずの後部扉が急にガシャと開いた。

そこには、急いで飛行機に向かったはずのおやじが・・・。

“えっ、忘れ物?えっ、なになに???”
混乱している僕におやじ一言。
『行ってきます。』

えぇ〜、そんなこと言うためにわざわざ戻ってきたの???
さらに混乱している僕に畳み掛けるようにもう一言。
『また日曜日な。』

そんなこといいから早く、早く〜と思いつつおやじの天然というかなんというかほのぼのした一面に触れた、とある金曜の昼下がりだった。 
(ブロッケンJr.)
posted by ひしょ at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月07日

「秘書つぶ」ついに再始動

おやじの事務所に入って2年が経ちましたブロッケンJr.でございます。
東京にもおやじにもやっと免疫が出来てきました。
・・・。
えっ??
何でブロッケンJr.かって?
それは昔から忘れ物や落し物が多く、最近無くしたものに昔懐かし『キン肉マン』のキャラクター、ブロッケンJr.のキーホルダーを無くしたので追悼の意味を込めてこの名前にしました次第です。
まだまだ、やらかしまくりの僕ですがよろしくお願いします。
では、さっそく私が見た衝撃のおやじをご紹介します。

ある日おやじは、衆議院の健康診断を受けに医務室へ。
1時間後に出てきたおやじは、無言のまま車へ乗り込んだ。
おやじを乗せて車を走らせること5分、「全部ではないやけども健康診断の結果が出たんや。」と一言。
すかさず僕は「どうでしたか?」と聞き返すと、「それがやな・・・。」とおやじが話し始めた。
「何にも悪いところは無いみたいなんやけど、たった1つあってな。それがえらい肥えすぎらしい。」とおやじ。
「えっ、本当ですか?」と聞き返すと「なんでも、足の筋肉が弱すぎるらしい。なんでかなー。おかしいなー。」とおやじがぼやく。

それもその筈。おやじは毎週1回、日曜に地元で行う早朝ソフトボールが大の楽しみ。そして必ずソフトボールの試合の後にはグラウンドを走っている。健康に気を使っているおやじはその日、お医者さんに言われたことがかなりのショックだった様子。

そしてその晩、ある会合でおやじ自ら「禁酒」を宣言。
おやじは自他共に認めるかなりの酒豪。周りから、かなりお酒を勧められたが「オレは意志が強いんや。酒は飲まん。」とおやじ。普段は健康に気を使い、週1日はお酒を飲まないものの週6日は必ずお酒を飲むおやじだが、とうとうこの日、お酒を1滴も飲まずに過ごした。前日も飲んでいない為、丸2日間酒を飲んでいない。その晩は早々に自宅に入り僕の仕事も終了した。

次の日の夕方、「酒を飲まない」と宣言したおやじの言葉を信じ、早く仕事が終わるのを確信していた僕の前に現れたのは、なんと芋焼酎の1升ビンを持って、飲む気満々のおやじだった。

「えぇーーーー。昨日の宣言はなんだったんだーーーー。」と思いつつも言えない僕に、おやじが一言。
「酒は百薬の長なんやー。タバコは呑んだら百害あって一理なしやけども、酒はいいんや。」だって。

飲みすぎは良くないですよ。おやじさん。
posted by ひしょ at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。