2005年04月11日

いよいよ決戦!

いよいよ明日から、まさに政治生命を賭けた選挙戦が始まる。その選挙戦を前にして、オヤジが新聞の一片を差し出してきた。何かと思いきや、宮本輝氏の詩だった。

『にぎやかな天地』
  時を育てる。
  心の深い傷も、
  円熟の皺に変える時というものを。
  そのために、
  時を育てる心を、
  自分のなかで大きく育てる

「これがオレの心境や。この詩を読んで何を感じるかは、その人次第や。」

オヤジは読書家でもある。高校時代は文芸部に出入りしていたという話も聞くし、大学在学中は体育会で柔道に打ち込むかたわら、あらゆる分野の本を350冊読破したという。文学、哲学にも詳しいし、小説も好きだ。それにしても政治生命を賭けた選挙戦を前に、詩という形で心境を吐露されるとは、全くもってオヤジらしい。

この1年半の間、秘書という立場でオヤジ「ヤマタク」に仕えた。
「政治家ヤマタク」、「人間ヤマタク」のとても魅力的な真の姿を見てきた者として、改めてオヤジが復活できるようこの12日間全力を尽くそうと思う。

祈 必勝!!!
posted by ひしょ at 18:34| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月07日

「チク拓」

先日、某ラジオ番組に出演したオヤジ。ラジオ局からお気に入りの音楽を持参するよう依頼されていた。だが、スポーツに関しては造詣が深いオヤジも、音楽に関しては正直言って疎い。

結局、娘が好きな曲ということで平井堅さんの「大きな古時計」を持って行くことに。自宅でこの曲を聴いたオヤジは、この歌を覚えてカラオケで歌おうと決意したとのこと。そこで「車の中で覚えるから」ということでCDを買ってきたのだが、その中に坂本九さんの名曲「見上げてごらん、夜の星を」が入っていた。

「こっちの方が歌い易いのではないか。」と、咄嗟にそう感じたスタッフがオヤジに聴かせ薦めたところ、オヤジもすっかりその気に。
ついさっきまでは「大きな古時計」を覚える気マンマンだったのに、一転、

「『おじいさんの時計』っていう歌詞があるが、『おじいさん』とはオレのことやないか?」

「あれだけ『チクタクチクタク』言うとったら、オレが古時計みたいやないか。しかも『チク拓』やで。」

「オレも色々と政治の世界を見てきたし、あの歌はオレが古時計みたいな気分になってくる歌や。」

と、ぼやくオヤジ。

更に、「これはプロが歌っているから、上手すぎて参考にならんよ。お前が今(車の中で)歌ってくれ。それを聴いて覚える。」と。
これには参った!

しかしこの日、車の中で「見上げてごらん、夜の星を」を特訓したオヤジは、なんと鼻歌を歌いながら自宅に入っていくほど上達。
この曲が披露される時は近い???
posted by ひしょ at 17:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月01日

この期に及んで・・・

オヤジは大のスポーツ好き。自らソフトボールチーム「拓サンデーズ」を率い、エースで4番に君臨していることは周知の事実。更に、野球、相撲、マラソン等のスポーツ観戦も大好きだ。

野球や大相撲のシーズンは毎日のことであるが、今日も車での移動中、オヤジがこよなく愛するホークスと楽天の試合をラジオで聞いていた。しかし、残念ながら移動時間はそう長くはない。すぐに次の会場に着いてしまった。すると、いかにも悔しそうな表情で「オレの代わりに聞いといてくれ。」との言葉を残し、しぶしぶ車を降りていった。

だが、素直に動いてくれた今日はいい方だ。自民党幹事長時代のエピソード一つ。

分刻みのスケジュールをこなさなければならない自民党の幹事長。その時間管理は当然秘書である私の仕事だ。その日も党本部で火を噴きそうな位忙しい日程をこなし、次の会合の時間が迫っていた。

「次は○○(場所)で、△△(会合名)があります。もう出発しないと間に合いませ〜ん。」と、殆ど悲鳴に近い自分。

オヤジ「ちょっと待て。それより大事なものがあるんや。」

「えっ、この期に及んで一体何?」と、その場にいた全ての人がそう思った時、テレビのリモコンを手にし、大相撲を点けたオヤジが一言。

「これや!」

もう勘弁してくれ〜〜〜っ!!!
posted by ひしょ at 18:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。