2005年03月17日

白いブランコ

今日の座談会で…
カラオケでオヤジの十八番と言えば「白いブランコ」。これは結構有名で、週刊誌に取り上げられたことも。いつも両手でマイクを持って、やや首を傾けながら歌うのだが、何故この曲なのか…。
その秘密が今日明かされた。

オヤジ「僕がどうして『白いブランコ』なのかと言うとね、僕が最初に選挙に出て落選し
た時にね、3〜4年浪人しましたけれども、その時に地域廻りをしているとね、
どうしても歌わされるんですよ。それでね、その時に流行っていたのが『白いブ
ランコ』だったから、それを買ってね、車の中で練習したんですよ。僕は音痴だ
けど、こうして唯一歌えるようになったのが、この曲なんです。」

『白いブランコ』にそんな秘話があったとは…。でも、意外と単純な理由だったのねっ!!!


posted by ひしょ at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これだけは譲れない

今日の座談会で… その2
オヤジ「自分の秘書たちと『拓サンデーズ』という名前のチームを作って、毎週日曜日の
    早朝に地域の方々とソフトボールをしているんです。自分はピッチャーで4番。
    これは政治権力で勝ち取った不動の地位なんです。これだけはね、誰にも譲りま
せん。だけどね、3番と5番は打つのに、自分がダメだからいつも負けるんですよ。
実は自分がいなければ勝つんです。中学生の頃はマラソンもやっていて、足も速
かったんだけども、今は100メートル20秒はかかりますからね。」

確かにオヤジをピッチャー4番から引き摺りおろすことは、僕たち秘書にはとても出来ないけれど、自分の実力を素直に認めるオヤジって、やっぱり憎めないんだよなぁ。
posted by ひしょ at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あり得ない・・・

今日の座談会で… その1
オヤジ「幼稚園の卒園式といえば、よく『あんなこと こんなこと あったでしょう』と
いう歌を歌うでしょう。あれを聞くともらい泣きするんですよ。ポロリときち
ゃってね。だから歌が始まると人前で泣くのも恥ずかしいから、出たくなるんで
すよ、外に…。」
 
「あり得ない…。」
座談会での、オヤジのこの一言をある仲間に話すと、こんな答えが返ってきた。きっと、日頃の仕事に対する厳しい姿からは想像も出来ないのであろう。
でも、そんな人に限って意外と涙もろかったりして!!!
posted by ひしょ at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「始球式は・・・?」

今日は雪が降りしきる中、早朝六時から地元小学校で開催されるソフトボールリーグ大会の開会式に出席。夜明け前に寝ぼけ眼で自宅を出てきたオヤジだったが、挨拶での何気ない一言が、参加者の皆さんにウケる。最近、大好きなソフトボールが思うように出来ないせいなのか、「始球式はありませんね?」「始球式は・・・?」と、何度もそう訊ねるオヤジ。そんなオヤジの姿を見ていると、思わず一球でもボールを握らせてあげたくなる。

その後、朝食を取るため皆でうどん屋へ。オヤジはえび天うどんにおでんまで取ったものの、わずか五分で完食。お陰でこっちは急いで食べたので、口の中を火傷するはめに・・・。

朝飯くらいもう少しゆっくり食べようや〜〜〜!

posted by ひしょ at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。